サンパウロ医療状況

サンパウロ医療状況1 土曜日はとうとう下痢止めと咳止めの良質な薬が(薬にもピンからキリまであります)パウリスタ近辺の薬局から不足するなどで配達人のパウリンニョさんが「何処も奪い合いですよー見つからない」と悲鳴をあげて来ました。日本と違ってお薬はクリニックでも病院でも調合しません。通常薬局に出ている薬を患者様が買いますが、間違った物を買われたり、一品が不足の場合代行するものを医師に選んでもらう時の為に当クリニックが立て替えて買ってお届けしていますが、今まで1時間以内に配達出来た物が土曜日は半日がかりでした

サンパウロ医療状況2 遠距離から通われてる先生方の情報からだと交通渋滞が全くなし、街はガラガラだそうです。学校がまだ夏休みというのももちろんあるのですが、病気で休んでいる人が多い(商業施設の2割の従業員が風邪、コロナで休んでいる)のが人出がなくなった理由の様です。2020年は病人ではない人の隔離であって、今回は病気になったからの強制隔離ですか?今回の方が大変ですね

土曜日は平田先生と内村先生に手分けしてオンライン診察をしてもらいました。次から次へと風邪、コロナの症状の患者さんが押し寄せて来ます。メールやお電話など閑散すると応対しきれないのでWhatsAppのみにメッセージで頂くとありがたいです。97724-7214まで。特にお電話は治療中でも休憩中でも困りますので控えていただく様お願いします。

日曜日はバースデー外食も控えて、うちでNetflixシリーズを観て過ごしました。 風邪ひかないこと=うちで大人しくしていることですね。後2週間くらいで落ち着くかな〜 そして魔のカルナバル休暇。3月は医療関係者にとって恐怖の月です。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大腸内視鏡検査は定期的にしましょう!桜田クリニックの患者さんをアテンドしてくれている坂野アレシャンドレ先生は腸ガン、胃ガンの専門医でブラジルのトップクラスの外科医数年前ジョーソアレスさんのトークショーにも呼ばれていた! このビデオは7分目まで多才なジョーソアレスさんの作曲作詞の心地良いjazzがあってそのあたりから坂野先生の大腸ガンと胃癌の説明が始まる。 ジョーソアレスさんの番組は専門的で難しい話