top of page

大腸内視鏡検査は定期的にしましょう!

大腸内視鏡検査は定期的にしましょう!桜田クリニックの患者さんをアテンドしてくれている坂野アレシャンドレ先生は腸ガン、胃ガンの専門医でブラジルのトップクラスの外科医数年前ジョーソアレスさんのトークショーにも呼ばれていた!

このビデオは7分目まで多才なジョーソアレスさんの作曲作詞の心地良いjazzがあってそのあたりから坂野先生の大腸ガンと胃癌の説明が始まる。

ジョーソアレスさんの番組は専門的で難しい話題を視聴者にわかりやすくまとめてくれてすっごく役に立つ!ユーモアいっぱいで大笑い。誰かに日本語の字幕を入れてもらって駐在員の方々にも観てほしい。

このビデオを訳すると、 -後進国には胃がん患者が多く先進国には大腸ガン患者が多い。 -ブラジルの胃がん患者は8割が進行してから医師に相談に来るが、進行してからの回復率はたった2割初期に治療すれば98%の確率で治る。 だから定期検査が必要。

ー大腸ガンは初期には何の症状もない。 かなり進行してからの症状は ーそれまでなかった便秘症 ー出血など。

ー大腸内視鏡検査は50歳以上の男女は症状がなくてもするべきであり、それで結果が良好だったら5年ごとにしなければいけないと坂野先生は言っています。

Sakanoという言葉はポ語でSacano(ずるい人)sacanagem (悪質なジョーク、いたずら、うっそーでしょ?)なのでサカノ先生が大腸内視鏡検査(超2m ほどの管をお尻の穴から入れる)をしなさいと言うとSacanagemと患者さんから言われるそう。

クリニックでは患者さんたちをフレウリーラボに紹介して内視鏡検査達人の先生に検査をしてもらっていますが結構ポリープ見つかっているのですよね。その場合検査中に手術でポリープ除去します。

皆さん頑張って定期検査しましょう!


動画はこちらから確認できます。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page