実はコロナ死者数は比較的低くICUも満員どころかガラガラ?

ブラジルコロナどうなっている?実はコロナ死者数は比較的低くICUも満員どころかガラガラだったら? (Em português abaixo👇👇)


サンパウロでコロナの治療を民営病院、公共病院(大学病院含める)で最前線で行なっている三人の医師及びプライベートではトップクラスのS病院の関係者から情報収集しました。(6月8日現在)。 -S病院はこの2ヶ月間コロナ専属ICU利用数は6割に留まっている(ガラガラ状態)。このデーターは関係者によって毎日モニタリングされて、情報が更新されている。 −大手医療機関D’Orチェーンのサントアンドレ支部病院もICU利用数は7割。高齢者層が多い保険プランをアテンドしているので利用患者数は多いが既に3万3千人の回復者が治療を受け完治している。 ー内村医師が受け持った100人近くのコロナ患者のうち死者は一人だけ。 ー平田医師が務めるプライベートE病院はここ3週間の間の約1150人の診察患者のうち150名のみが入院、死者は2名のみ。 ー平田医師が講師として勤めている公立パウリスタ大学病院(2000以上の医師のマンモス病院)でも死者はこのコロナ期間数十名。 ー坂野小児科医が講師としてインターンの指導を担当しているサンパウロ大学大学病院(公共)ではコロナの治療を殆ど関連のクリニカ病院に転移しているが、経過を辿ってもクリニカ病院の死亡者数は極めて少なく先週まで1名のみ(それも重病な持病持ち)。

治療方は各医師の判断にて異なります。効ウイルス薬(まだ効果は確信されていない)を使う医師も、使わない医師もいますが結果として完治が99%以上です。精密に言えば死亡率は0,7%です。インフルエンザが0,4%です。 回復者は入院をしないで自宅療法で治すのが大半です。 入院期間も今はどこの病院でも平均1週間と短く、これは世界のレベルでも高い方です。

早期治療をしたらコロナは治ります。初期(熱が37,3以上2日間あり、咳がある状態)で医師にご相談下さい(小児の場合は高熱が出たら初日のうち)。 持病持ちの方は重症化する可能性が高いので、やっぱりうつらないよう気を付けなければいけません。予防法は手洗い、マスク使用、密集避ける、など今までの注意事項を続けたらいいです。

症状が出たら早めに97724-7214までオンライン診療をご予約下さい。



Conclusão:


-A maioria dos que tiveram COVID teve alta. -índice de mortalidade está em torno de 0,7%(na influenza é de 0,4%). -importante o tratamento precoce com ou sem anti-viral (medicação em polêmica no momento). -no segundo dia de sintomas (febre ou tosse) fazer consulta de telemedicina. Na clínica Dra Rosa Sakurada pode marcar a consulta enviando mensagem para 97724-7214. -nunca automedicar (o que foi bom para um pode não ser para outro). -Em SP, nos principais hospitais pesquisados de grande porte, sejam públicos ou particulares, tem a capacidade suficiente, a ocupação de UTI está em torno de 60%! Não há nenhum motivo para pânico, desligue a TV e viva a sua vida! E volte a ser f

eliz.




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

連休終った4日目、、、、、

連休終った4日目、やっぱり。。と予想していた事が起きました。昼間も夜中も次々と来る「高熱が出た」、「喉が痛い」、「下痢をしているから診てほしい」というメッセージです。子供から大人からコロナの疑いを心配している患者さん達にオンライン診察、薬配達、PCR検査予約とバタバタ休む暇もなく対応してもう心身ヘトヘトです。 結果日本人コロナ陽性患者さんが今の時点で三人も出ています これからこの患者さん達の毎日の