明けても暮れてもコロナ

明けても暮れてもコロナ、コロナ。毎日、毎日オンライン診察、お薬届け。

軽いオミクロンとたかを括っていたら子供たちが次々と高熱を出してお母さん達パニック。中にはお母さん自身コロナで倒れ子供の看病もままならないという悲劇。

今サンパウロの病院の小児科はパブリックはもちろんプライベート病院でもどこも満員に近い。シリオ病院の関係者に今どうですか。と聞くと、「待ち時間が3時間、今大人15人、子供10人待ってるから来ない方が良い」と言われる。

もっと深刻な問題は薬不足

パウリスタ街近くはこんなに薬局があるのに小児用の咽喉薬、抗生物質、鼻洗い剤、下痢止めのいつものメーカーが全くない!配達担当のアマンダさん、パウリンニョ、ダニエラさんに1日中何件も探し回ってもらっている。

クリニックにも多少ストックがあるけど水の様に出て行ってしまう。大変な状況です。

マスク使用、手洗い続けてしましょう。幼稚園でもマスクを義務付けているところはクラスターはない様です。

コロナと共存するというのはコロナ以前の生活に戻るのではなく流行っている時期には自粛するなど臨機応変する事だと思います














閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大腸内視鏡検査は定期的にしましょう!桜田クリニックの患者さんをアテンドしてくれている坂野アレシャンドレ先生は腸ガン、胃ガンの専門医でブラジルのトップクラスの外科医数年前ジョーソアレスさんのトークショーにも呼ばれていた! このビデオは7分目まで多才なジョーソアレスさんの作曲作詞の心地良いjazzがあってそのあたりから坂野先生の大腸ガンと胃癌の説明が始まる。 ジョーソアレスさんの番組は専門的で難しい話

駐在員コロナ新患者さんは今日だけでなんと16人!今年の1月も携帯からひと時も手を離せられなかったけど、今日は最高。治療中の患者さんを合わせたら30人近くモニタリングで1日中お薬配達、検査予約をしている スタッフがかからない事を祈るだけですいつもかからないのは私だけで一人一人とバタバタ倒れて行って最後は一人で走り回ることに。しかし私は何故かからないのだろうこの前は陽性の患者さんの治療してうつされる所